事業分析サービス

分析の効果があった企業 38%


79%もの企業がデータの活用をしている中、89%の企業では、担当者が担当業務をしながらExcelやAccessで分析を行っています。

しかし、その中で分析の効果があった企業の割合はわずか38%。担当業務+分析を行うのは難しいことがわかります。

一方で、社内に専門のチームや外部の専門家を擁すると、分析の効果があった企業の割合は62%に変わります。

(出典:平成27年版 情報通信白書(総務省)

なぜ効果の違いがあるのか

担当の業務+分析と専門チームや専門家が分析を行うのでは、主に以下の違いがあります。


また、専門チームや専門家が分析を行っても、効果があったのは62%ほど。つまり、企業の約40%は分析の効果がなかったと調査結果にあります。これは、分析はしたものの、結果をビジネスに反映することができなかったことが主な要因だと考えられます。

事業分析サービス

弊社では、分析の効果を最大化するため、以下の観点で分析のご支援を行っております。


日本でも有数の規模のデータを扱うことができる、経験豊富なプロフェッショナルが対応いたします。分析結果を出すだけではなく、アクションに繋げるため、情報システム部門やサービス企画部門と一体となって、分析のご支援を行います。さらに、サービスを企画する上や情報システムを刷新する上でも、分析を通じてより良い業務ができるよう、データ利活用企業としての企業成長をサポートいたします。

ご支援フロー

弊社では、主に下記のフローで分析のご支援を行っております。(お客様のご要望に応じた対応をいたします。)

セミナーのご紹介

経営者様、企画担当者様向けの分析セミナーを実施しております。分析ご支援の詳細など、お気軽にお問い合わせください。